LINEでの便利なカスタマイズ方法

LINEでの便利なカスタマイズ方法

LINEモバイル

LINEで友達とメッセージのやり取りをする上で便利なカスタマイズ方法を紹介します。

変な名前で表示されている友だちわかりやすい名前に変えよう

友だちリストに表示される名前は自由に変えることができます

LINEの友だちリストに表示される名前は、本名だけとは限りません。友だちが登録したニックネームなどで表示されることも多く、そのせいで「連絡を取りたいときに本人が見つけられない」と不満に思っている人も多いようです。友だちリストにニックネームばかりが表示されて使いにくい場合は、表示名をわかりやすく変更してみましょう。変更は自分のLINEだけに反映されるので、その友だちのプロフィールには影響しません。

LINEでつながっていない友だち同士を友だちにしよう

トークで友だちの連絡先を送信してあげましょう

自分が仲介をしてLINEでつながっていない友だち同士を友だちにすることができます。いちばん簡単なのは、トークで一方の友だち(Aさん)に、もう一方の友だち(Bさん)の連絡先を送信する方法です。連絡先を受け取ったAさんは、その連絡先をタップするとBさんを友だちに追加できますBさんのLINEには、Aさんが「知り合いかも?」に表示されるので、タップして友だちに追加できます。

自分がブロックされているかどうか確かめよう

確実ではないけれど推測する方法はあります

Embed from Getty Images

メッセージを送っても、ずっと既読にならない……。そんな場合は、もしかしたら友だちにブロックされているかもしれません。ブロックされているか調べたいときは相手が持っていないような有料スタンプをプレゼントしてみましょう

スタンプを贈る際に、左のように表示されたら、ブロックされている可能性があります。ただし、プレゼントしたスタンプを本当に持っている可能性もあるので、一番確実なのは相手にいてみること、連絡を試みるのもひとつの方法です。

友だちをブロックしたら相手に通知されたらどうなる?

通知されることなく通常は相手に知られることはありません

LINEで友だちをブロックしても、そのことが通知されることはないので、相手に直接伝わることはありません。

ただし、ブロックした相手に、は、送ったメッセージに「既読」が付かなくなる、無料通話をかけてもずっと呼び出し音が続くだけになる、タイムラインの投稿が見られなくなるなどの影響がでます。これが続くと相手にブロックしたことを気付かれてしまうことはあるかもしれません。